トップ

交通事故の無料相談とは

交通事故の被害にあったら

交通事故に遭ってしまった際は

車社会の現代において、交通事故はどれだけ日常の中で気をつけていても防ぎきれないことがあります。日常の中で、突然交通事故の被害者になってしまうことも、当然ありうることなのです。

もしある日突然交通事故の被害に遭ってしまった場合には、弁護士に交通事故の相談をするなど、日常生活の中ではあまり行ったことがないことをしていかなければならなくなります。もしもの時のために、どういった対処をする必要があるのか頭に入れておいた方がよいでしょう。

交通事故の被害に遭ったら、まずは交通事故の加害者を確認して、必ず警察に連絡しましょう。よく、大した怪我をしていないからということで警察に連絡もせず、加害者の確認もせずに家に帰ってしまう方がいらっしゃいます。しかし、交通事故の怪我は後々になってむち打ちなどの形で出てきてしまうこともありますので、このような対処は絶対に行ってはいけません。

警察が来ると、警察の立会いの下で事故の状況の確認が行われます。このとき、必ず加害者側の言い分を確認しておくことが大切です。もちろん警察もきちんと記録はしているのですが、後々加害者が証言を二転三転させることも珍しくありませんので、警察に任せっきりにするのではなく自分で相手の言い分を記憶しておくことが必要です。

そして、これも警察の立会いの下に行われますが、加害者の住所・電話番号などの個人情報、加害者が加入している自動車保険、さらにもし居る場合には目撃者の証言などに関しても、しっかりとその場で確認しておくことが大切です。警察を呼べば加害者が逃げてしまうようなことはほとんどなくなるのですが、このあたりのことに関しても警察に任せずに自分できちんと行うことが重要になってきます。